卒業生メッセージ

寄稿「看護にあたり大切な心を育てて」

PL病院看護部長 津田雅子さん(3期卒業生)

 看護師養成所は世の中にたくさんあり、それぞれの理念で良き看護師を育てようと努力しています。その中にあって本校は「祈り心」を持って看護にあたる」ということを教えているのが最大の特徴だと思います。

 看護は人と人との関わりであり、知識・技術をどれだけ深めてもそれだけでは成り立ちません。なぜなら、そこには心が大きく関わっているからです。その時その場の状況の上に、患者さんの気持ちにもぴったりと合った最良の判断・看護の在り方を目指していくのですが、そこには祈り心が不可欠です。技術に溺れて「自分がしている」という意識はおごりにつながり、必要なことに気付かせてもらえなくなります。

 祈りながらさせていただくという心、謙虚な心を持つということが大切であり、そこに患者さんに本当に喜ばれる看護が生まれ、自分にも深い喜びがあります。PL学園において一人ひとりの心のあり方まで教えてもらえるというのは、意義の大きいことではないでしょうか。

37期生(2015年度卒) PL病院勤務 Tさん

 少人数制なので、友達との仲も深く、実習とか国家試験前でしんどいときも話を聞いてくれたり、支えになってくれて仲間のおかげで乗り越えられたと思います。行事も多かったけど、3学年が全て入った小グループで行事に臨んだので先輩方とも仲良くなれて良かったです。

 学生時代は、実習が一番大変でしたね。特に2年生の最初の実習は、はじめてのことが多くて、どうしていいかわからなかったり戸惑うことが多かったったけど、先生が1対1で話を聞いてくれたのも助けになりました。行事のグループで仲良くなった3年生がいろんなアドバイスをしてくれたのも良かったです。

 国家試験担当の先生がいて、国家試験に向けていろいろな問題を作ってくれて、一緒に問題を解いてくれたり、悩みも親身になって聞いてくれるし悩みに応じてアドバイスをしてくれて支えになりました。

38期生(2016年度卒) PL病院勤務 Yさん

 PL学園衛生看護専門学校は、少人数制なので、先生と学生の密な関係があり、少しの変化も先生が気付いてくれて声をかけてくれて、何でも相談できる環境だったのが凄く良かったと思います。

 PL病院での実習中も顔見知りの卒業生の看護師さんがたくさんいるので、優しく声をかけてくれることが多く、また、卒業して看護師になってからも先輩看護師が声をかけてくれます。働き始めて慣れないときに、声をかけてもらって救われることがありました。

 実習中も、担当の先生がしっかりついてきめ細かく指導してくれます。最初は患者さんとの深いコミュニケーションまで取れず悩んでいた時に、どうしていったらいいかを先生も一緒に考えてくださって、私の自己課題を指導してくださって、ちょっとずつ改善していって、患者さんと信頼関係ができ、深いコミュニケーションも取れるようになりました。そのころから、実習が楽しくなってきました。

前のページに戻る